男性

うつ病を解消しよう|原因と症状の特徴を把握する

うつ病の症状

カウンセリング

うつ病になってしまうと、自分を責めてしまうことや自分に対する評価が極度に下がってしまいます。このため、ネガティブ思考になってしまうといわれています。このような状況になってしまうと、自分を認められず常に不安や緊張が身を襲います。それだけではなく、うつ病になってしまうと無感情のようになってしまうこともあるため、表情があらわれなくなるでしょう。十分に注意する必要があるのです。感情は人のもつ基本的なものです。楽しいという感情や、嬉しいという感情は人を幸せにさせる効果がありますが、うつ病になると常に悲しい気持ちだけが残るため、自分を認めてあげられなくなり、感情が不安定になってしまうこともあるのです。

このため、うつ病には十分気をつけておきたいところです。感情だけではなく意欲にも影響を与えてしまうことがあります。というのも、うつ病は意欲を低下させるという症状があり、人の関心や興味という気持ちを減らしてしまいます。このため、どんなことをする気にもなれずただ無気力な状態が続くこともあれば、人と話すことが嫌になってしまいます。こうなると外出などを控えるようになり、更に自分の殻に閉じこもることになるのです。また、どんなことを行っていても楽しいという気持ちは沸かないため、興味や関心という気持ちがさらに薄れてしまうことがあります。このような状況になると、負のスパイラルを引き起こすこともあるため十分に気をつける必要があります。うつ病になると眠れなくなるといった症状を引き起こすこともあります。この症状により、不眠症や早朝覚醒といったものになるとさらに睡眠に影響がでてしまいます。不眠症は、眠れなくなる症状を持っており、どれだけ眠ろうとしても眠れず常に睡眠時間が短くなってしまいます。早朝覚醒になると、目が早く覚めてしまうため、睡眠時間が減ってしまいます。睡眠時間はさらにうつ病に大きく影響します。このため、十分気をつけておくことが大切です。

どうしてもうつ病になってしまうと、疲れやすくなります。というのも、常に自分を否定することにより発生する緊張感や興味や関心がなくなったことによる脱力感で、身体に疲れが残っているように感じてしまうのです。ほとんどなにをせずとも疲れを感じてしまうため、体を動かすことを避けてしまいます。このため、運動などがいやになってしまい、朝、目が覚めても、行動にうつせないといったトラブルにつながります。この他にも、うつ病になると食欲が低下するといわれています。ただ、低下するだけではなく過食に走ってしまうこともあるため、急激な食欲の変化には十分気をつける必要があります。

このような意欲の低下や感情の不安定、体の疲れは脳の働きにより引き起こされるといわれています。うつ病を防ぐためにも、原因をよく把握しておくことが大切です。うつ病になってしまうと、思考が抑制されるまたは止まるといわれています。この状況になると考え事ができなくなるだけではなく、人との会話が途切れてしまうため対人関係に影響を及ぼす可能性があります。それだけではなく、途中で思考が抑制されることにより起こる、集中力の低下で仕事や勉強を行えないといったトラブルになります。自分ひとりでこの症状を抑えることは難しいため、周囲の人がそれに気づいて協力して治療することが大切です。また、うつ病になってしまうと打たれ弱くなってしまうため、すこしのミスで立ち直れなくなってしまいます。思考が停止してしまうと、自分でも驚きの行動をとってしまうことがあります。そのため、それを悔やむことでさらにうつ病に影響してしまうため気をつけましょう。このように沢山の症状を持ったうつ病ですが、クリニックでしっかりと治療することができます。症状について詳しく知っておくことで、治療時に気をつけておきたいことが分かるため注意しておきましょう。