男性

うつ病を解消しよう|原因と症状の特徴を把握する

種類をチェック

男の人

うつ病を発症させてしまう人はとても多く、その原因が社会的背景にあるのではという声も少なくありません。このようなうつ病を防ぐためにも、その原因をよく確かめておきましょう。うつ病の原因は一つに限っておらず様々な要因があるといわれています。その中でも特に有力な説といわれているのが、遺伝によるものです。必ずしも遺伝により、症状が発症するわけではありませんが、発症リスクが高くなっているという結果が残っていることから、この説が有力といわれているのです。うつ病の原因として特に知られているのが、ストレスです。ストレス社会ともいわれるほど世の中にはストレスが蔓延しています。特に新学期や新年度に起こりやすい環境の変化からくるストレスは強く、それが原因でうつ病を発症させてしまうこともあるようです。また、人間関係にトラブルが起こるとそのストレスが続きやすくなるためそれが蓄積してうつ病になってしまう可能性もあるといわれています。スポーツ選手や歌手など職業柄、極度のプレッシャーがかかることにより発生する大きなストレスもあるでしょう。このようなストレスにより引き起こされるうつ病を防ぐためにもしっかりとストレスケアを行う必要があります。クリニックによっては、ストレスケアのためにカウンセリングを行うところもあるため、もしそれらが蓄積しているのなら一度クリニックを訪ねてみるのも一つの方法です。

あらゆる原因で発症するうつ病ですが、種類も多数あるため、それぞれの特徴をよく把握しておく必要があります。うつ病として特に症状が知られているのが大うつ病性障害です。大うつ病性障害は、無関心や無感情といった症状を引き起こすうつ病の一つで、常にネガティブになってしまうのが特徴です。夜になると症状が改善されることが多く、朝になり症状がでてくるのも一つの特徴といえるでしょう。また、無感情や無関心といった感情が長い期間続くこともあるため、クリニックでの治療が肝心になってくるうつ病でもあります。また、このうつ病になってしまうと焦りがでてきます。常になにかに対して焦りを感じていることや、集中力が低下したようにじっとできないといったトラブルを引き起こすのもこの症状の特徴です。

自分に対する否定感がかなり強い人やネガティブな感情が性格ではない部分から引き起こされているのなら気分変調性障害かもしれません。気分変調性障害は、特に長い間、うつの症状が続くという特徴を持っており、長いと数年以上この症状が続くこともあります。この障害により、パニック障害を引き起こすこともあるため危険性が高い障害といわれています。また、睡眠障害を引き起こすこともあるため、どれだけ眠っても熟睡できないといった時はまずクリニックに行きましょう。

特に多くの人で発症しているのが非定型うつ病です。このうつ病は、従来のうつ病とは違う大きな特徴があり、興味のあることや関心のあることについてはうつ病による症状が改善することや発症しないという特徴があります。このため、甘えとして周りからは見られることも少なくありません。この種類は特に特定しにくく、一つ一つ、症状が変わってくるためクリニックに行っての診断が大切になってきます。このようにうつ病には沢山の種類があります。もし、うつ病かもしれないと思った時はクリニックに行き検査を受けてみることが大切です。